残るは言葉ばかりなり。


by fly-high0320

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

心境

みょは~。む~ん。だー。ぐるる~。ばーしぃっ。どーん。きゅぅ。にょわわわわ~。きゅんきゅんきゅん。ひゅらるらるら~。ぱらみりらぱぱ~。ととととととととと。つぷぁー。どょはーん。ぷしゅー。ちーん。
[PR]
by fly-high0320 | 2006-10-27 07:52

れびう

下記の結果、サークルミートに遅れました。後輩に「コルぁー」と言われました。やれやれ。

そして下記の結果を招いた諸悪の根源は、「第一稿を書かないと話にならない」というコメント付きで帰ってきました。がーん。

まあいいさ。そこでどれだけ気楽にいけるかがバカ試し。というわけでこれから何すっかな。
[PR]
by fly-high0320 | 2006-10-23 18:50 | daily life

ロンブン

「何故ハイチを扱うのか」という問いには、「多くの紛争があるにも関わらず、何故その中からハイチを扱うのか」という意味が込められている。
そしてその問いの前提として、「何故多くの国際問題の中で、紛争という事象を扱うのか」という問いがある。
そしてその問いの前提として、「何故社会の問題の中で、国際問題を扱うのか」という問いがある。
そしてその前提として、「何故社会の問題を扱うのか」という問いがある。

ここまで来ると、いい加減「だって扱いたいんだもん」って答えたくなる。


そしてこれらの問いに答えた帰結として、「何が明らかになるのか」も明確にしなければならない。学問の意義、である。
でも自分は経験上やって振り返ってからでないとその意義はわかんないって考える。だからこれは自分の信条に反する。
それでも明らかにしたいことはある。「ハイチの紛争、不安定を解決する方策」だ。
でも、それってあまりに遠い目標で。しかもまだリサーチしてないからここでどんなことが明らかになるのかわからなくて。うーん。


何より悔しいのは、結局アメリカって結論に行ったことじゃなくて。それが先生の一言の通りだってコトで。結局先生の手のひらの上で転がされてただけのようで。それが無性に悔しい。
いや、プロなんだから、って突っ込みはご尤もですが。そしてこの反発こそが自分が嫌ってる感情なんですが。でも悔しいじゃんっ。
なんて考えながら夜は更けて、そして明けていく。てか一限始まったし。

とにかく書いた。一貫した論理が、ロジックができたかどうかはわからない…てかできてるはずがないのだが、とにかく先に進もう。論文の執筆は自分との対話。きっと文字にするにつれて自分も見えてくる。どっくらせ、と。
[PR]
by fly-high0320 | 2006-10-23 08:55 | studying

祁答院、いってみる?

世の中殺伐としすぎていて、諦めてしまうことも少なくない。
現実、という壁なんだろうか。勝手な妄想なんだろうか。
努力したくないからそうやって世の中のせいにする、そんな時もある。
けど。祁答院ってどこだ

えと。だいぶ病んでますね、上記。(苦笑)しかしまぁ、こんなに病みつつもなんとかやってけてるのは、やっぱ底がバカだからで。うまいこと忘れられる。
それに、なんだかんだで好きなんだろうな、今やってることが。いろいろ嫌なこともあるけど、なんとかかんとか。

しかしなあ。変わりたい。変わらなきゃいけない。だから少しの無理も受け入れる覚悟はある。何だって来いよ、相手になってやる。

なんて、力入れてたけど。違うのかも。これが自分を縛りつけるってことなんかな。自由になること。それはつまり、自分のしたいようにすること。それが自分のベスト。そうしてかなきゃやってけませんて。
することはあんまし変わんないだろうけど。でも、きっと違う。変わる。

あと大事だなって思うのは、自分のキャラ把握。あ、難(笑)でも大事だよー。これも素でいればいいだけなのかもしれんけど。七日も試練けど(笑)。きっと自分は、真っ直ぐで、素直で。あの時―10/13。指摘を受けてた時の自分そのもので。そうであるために。

まあ、先ずは素直に生きようとしてみますか。で必要なことをどんどん出してみよ。
さー、適当に頑張れ~。(笑)
[PR]
by fly-high0320 | 2006-10-16 03:46