残るは言葉ばかりなり。


by fly-high0320

<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

surprisingly positive thinking

the article was deleted before updating,,, BUT!! i am so positive that i think it is good opportunity to summarize and make it simplify.


ok, i will talk about the shocking event yesterday. the event gave me a headache and weakend the meaning of coming here.

my friend told me TOEFL PBT(paper based test)will be held on june 3. i was so shocked, because PBT has no speaking section, which i had to take in iBT(internet Based Test), new type of TOEFL. the reason why i came here instead of staying at japan with my friends was mainly that truly difficult section, which i do not have to take in IELTS. because of that, i started to think the purpose and cost opportunity again. though i know it is useless since i am here already, that unexpected information weakened my confidence in my dicision and is upset me.

However, i am truly positive now, so i can think that it is more meaningful to find precious experience here. now i am looking for club activities like MUN or IIRA and a play in ANU. futhermore, i think i get opportunity to overcome more difficult task which assures that my dicision was correct and meaningful for me. it is exciting, isn't it? in japanese、tyotto hurdle wo agetemimasita. tehe.

so, tell me about interesting experience which we can do only in japan! i will gain more interesting one here :P
wow, and please remember to tell me new blog title! the current one is terrible and i did it deliberately to make you think that.
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-28 18:06 | daily life

promise and regret

hi! i changed the environment of this space to make english pickles:P
when i see japanese, my brain react that and start thinking in japanese.
it will definitely take long to change the mind of thinking and i am eager to think in japanese as i wrote before. considering these points, its better for me to change all what can be changed like this space.

although my POOR english writing will SURELY irritate you, please stand, endure, and beer ,, no, bear with your kind heart. i promise to improve my skill ASAP and make the writing meaningful ,,, hopefully.

then, now i ask all of you to think about a new title. i decided "angle P" Everyone including me will think "huh!?" but please stand, endure, bear again. it will be changed if you vome up with a good idea and tell me. just for 10 minutes thinking, comfortable environment. dont miss it!



,,after i wrote the article above, a certain shocking event attacked me suddenly. coupled with a headache, ill stop writing here. its difficult to use english in emergency...
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-27 20:47 | daily life

どきどき

何が起こるかわからないことを楽しめないと、創造性は生まれないんですよ。


ポジティブになるために、心に響いたコトバをめもめも。おやすみね。

wow, shiiiit!! i forgot i sweared to write in english...

the recent society is full of uncertainty, but creatinity willl be achieved if we can enjoy this situation.

to make myself positive, i will write down some words .

う~、汚い。けど書かないよりは。恥を忍んで。きゃ。おやすみ。
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-25 23:37

ちゃかちゃか

今日で留学一ヶ月。早い。

たったの一ヶ月で何か得られるとも思えないけど。でも、既に惰性が、漫然とした生活が忍び寄ってきているようで、不安になる。

そんなわけで、ちょっと転機に新しいことを始めようと思います。
1.ブログを英語で書く!!
笑。やっぱり実用が一番なので。お疲れにもかかわらず読んでくれてる人には申し訳ないですがご容赦ください。まあ、どうせ頻繁に日本語が紛れますので(^^;

then, i'll start to talk in english. i'll explain the reason and merit to use english in this space, my blog.

firstly, as i said above, practical use is effective way to achieve the skill. nothing can be done well from the first so practice is needed to improve every skill. Especially languages affect the thinking and view of speaker directly, so i need to use english as possible as i can.

secondly, i usually talk much about various kind of things i thought and experienced at this page. some entries are too long although i am not sure it is meaningfull. this feature is suitable to practice of english. In addition, IELTS, the english exam i have to take, ask candidates to express thier own experience and write concretely in the writing section. As i write my feeling and thought based on my own experience, this space is also suitable to IELTS. Futhermore, i usually write complicated and ambigous mattes at this space and these matters require to use more difficult words than those used in daily talking. talking with foreign students are interesting(no, funny) but it doens't need difficult vocablary. MSN messenger is too. Through writing in this space, i might be able to aquire more vocablary, gramer, and skill of structure.

lastly, this space is mentally special for me. i wrote many things over one year, and have thought seriously. Sometimes it was in vain and spent too much precious time, but these represent me direcly, i think. i cant express myself fully without this blog. then, using english instead of japanese, my mother tongue shows my commitment to master english. Please tlanslate commitment into 覚悟, as my professour said to me during writing the thesis last year. it might change my way of thinking drastically and i never come back to what i am now since another language demands another thinking and i thought seriously and carefully in japanese at this space everytime. however, nothing can be achieved without giving up something and change. I decided to change myself. This process may include much regret and fear, but i believe myself and what now i think essential.


そんな感じで、今後もよろしくお願いします。できれば赤ペン先生かBGチェックよろしく添削していただけるとお土産がグレードアップします(笑)
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-25 22:06 | studying
自分と縁遠いものの一つにスポーツというものがありまして。皆さん納得かと思いますが。どれだけがんばっても体育で3しか取れなかったりね。高校でも確か6,7ぐらい。絶対あれって何だかんだ言って能力で評価してると思うんだよね。で、スポーツの中でも最も縁遠いものの一つが、ラグビーなわけね。これも激しく納得でしょ?
で、ここではラグビーばっかりなわけよ。頻繁にラグビーの試合がテレビでやってて、great mustleの選手たちが4人も5人もくっついて重なり合うのをみんな飽きることなく見てるわけ。まじ、きもい。←韓国の子に教えました
しかもチームの名前がまた珍妙で。eelsとか。ウナギよ?応援する気になるのか君たちは?さらに試合前には暑苦しい踊りするし。NZのナショナルチームで、national danceらしいんだけど。ホントにゴリラみたいよ。


とまあぼやきはこの辺にしといて。考え事のお話。

授業中のほうが色々考え事しちゃうことってあるじゃん。忙しいときほど無駄なことしたくなったりとか。というわけで、なんか授業中に気づいてしまったんですよ。今自分は、数年ぶりに暇人してるんじゃないだろーかって。

大学入ってから、忙しい時ばかりだった。授業受けてサークルやって宿題やってサークルやってバイトしてサークルやってゼミやってサークルやってバイトサークルやって、、、みたいな。それがここではとりあえず英語しかすることがない。勿論英語はがんばらなきゃだけど、ぶっちゃけ今までの生活に比べたら楽チンで。え、危険思想?

勿論忙しくするかどうかは自分次第で、今だって予定を詰め詰めにすることもできるだろうけど。でも、この機会に少し休憩時期を入れてみようかな、なんて思うんだよね。ちょっとのんびりして、余裕を持たせたほうがいいんじゃないかって前からずっと思ってたんだな。


日本にいた頃は、多分できなかった。欝だったから(笑)でもここにいると無駄にでっかい空とかサバンナみたいに何もない大地とか自由で適当で自己中な方々とかに影響されて、のんびりできてしまうんだよね。

前のめりになって、すぐにテンパって、何も見えなくなって、すぐ余裕がなくなって空回り。ってここ三年間のあわせ技だった。でもそれのおかげで、経験は少しは積めたし、どういう形を自分が望んでいるのか、見えた気がするんだよ。だから、ここで今までしたきたこと、今の自分、絵理想からの距離、とかをじっくり考えてみるのがいいじゃないかなって。


書いてても思うけど、ただ楽したいだけじゃないか、とも思える。行動しなきゃ何も変わらないんじゃないか、問題はどう行動するかであって、ゆっくりするなんて停滞どころか今まで積み上げてきたものを腐らせて後退になるんじゃないか。自分が怠け者だってのは自分が一番よく知ってるつもりで、この一年絶対に無駄にできない、相当なopportunity costを払ってきてるんだから、確実な成長をしなきゃいけない、そんなときにのんびりもあるか。うん、正論だ。怪しい話だ。

でもねー。そういうんじゃないんだ。理由じゃないんだ。要するに、疲れてるんだ。気持ち的に。うーん、それも違う。疲れてる、ってわけじゃない。けどうーん、なんだろな。ここで休むことの意義を適当に言葉をこね回して考えることもできるけど。そんなんじゃなくて。そういう今までのやり方とは違くて。


というわけで、このお題はひとまずおいときます。まーね、行動は変わらないからあんまり意味がないんだけど。無駄な悩みなのかなあ。まあ、次回をお楽しみに。
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-20 19:36 | daily life
昨日、ステイ先のファミリーの姉ちゃんに赤ちゃんが生まれました。オメデトウ!☆ので、昨日の晩ご飯はまたマックでした。やっほう!☆


最近、”common sense”について考えることが多いです。つっても、イギリスの歴史についてではありません。和訳すると「常識」です。随分高尚な。そしてcommon senseも随分と生活に落とし込まれてくれたものです。

今まで常識と思っていたものが通用しない。言語も、考え方も、色んなルールも。そのたびに、自分が今までどれだけ不明確な土台に立ってきたのかを思い知る。その上での考え、行動、言葉。高いところに登って物事を見れていたつもりだったけど、視界は世界を正しく捉えてなかったみたいだ。

例えば言語。英語を使うためには言葉だけじゃなくて考え方から変える必要があって。同じものでも言語が違えば捉え方が違うから、そうして向き合う世界は今までとは違っているようで。


でも、それは必ずしも今までの土台を全否定することにはならなくて。土台から降りて、何もないところからそれを見てみると、やっぱりそれは土台として然るべきものだったってこともあって。

言語だって、英語から作られる新しい世界に流されることもあるけど、自分が世界の色んなobjectsに対して自分の言葉で考えてきたことは間違ってなかったし、この世界でも通用するはずだ、って思うんだな。

常識っていう土台の否定も肯定も、これだけ違う環境に飛び込まないとできないことだった、のかもね。


同時に二つの世界は常にparallelではなくて。当然objectsは同じだからね。二つの世界がクロスする時、衝突と融和が進んで世界がどんどん歪んでふやけて再構築されてくんだ。
その行程は一人でやってるより誰かとやったほうがきっと楽しい。言語だけじゃなくて、価値観も何もかも違うお互いの人生がぶつかり合えば、きっと世界はもっと彩を増すに違いない。
そうして新しくできていく世界で、揺れないstableでsteadyなものが、常識なんだろうね。
もっといろんな経験をして、色んな人と話して、常識って土台を確かにして、世界をもっと多様な視点から見てみたいよ。そのためには、自分の世界をしっかり主張してぶつけてみないとね。

その行程が自分にプラスになるといい。いや、きっとなってくれるんだと思う。とりあえず今は、新しい世界にdive inしよっ。



やっぱり日本語で書くって全然違うねー。しかし常識ってお題から逸れてるな…まあいーや。つまりBGも今までの型にとらわれず自由にねってことだよ!w
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-18 21:57 | for younder friends

ふむ。。。

三週間目。今日はこっちに来て四回目の半ギレを経験しました。(笑)

まあ、詳細は省くんですけど。つまり、異文化コミュニケーションとはいかに難しいものか、ということです。

でね。ちょっとうんざりしちゃって、色々考えてしまうわけです。

なんでここにいるんだろう、って。何がしたいんだろう、って。

前から変らない、留学の目的。結局ね、簡単に言っちゃえば異文化コミュニケーションが目的だったと思うんだ。渡航前は。でも、その頃から飛べば目的は変るんだろうなあ、って思ってた。それは、留学の目的は未知の可能性があることなんだから目的も作りようがないって思ったこと、もあるけど、それは半分本当で半分間違いで。骸的な。(幽遊白書ネタです。笑)

つまりさ、実感が伴ってなかったんだよね。留学とか未知の可能性とか、結局なんやねん、てゆー。頭ではわかった、考えたつもりでも、心のほうがついてってなかった。僕は五体満足で暮らしているので、頭だけわかってても生きていけないのです。五体不満足でも頭と心臓はあるってつっこみはさておいて。

ここに来て、結局異文化コミュニケーションってなんなのか、異なる価値観の認識と理解と受容と共生ってなんなのか、頭で考えてたことが少しずつ実感としてすっと落とし込まれていってる気がする。それは勿論気持ちのいいものばかりではなくて。めったなことではキレない自分がしっかり立腹するほど受け入れがたいものが沢山あって。でもきっと、頭によればそれは成長とやらにつながってるはずなんだ。この後どうするか、どれだけがんばるかにはよるけど。


まあね、冒頭のごとくテンションダダ下がりの状態では果たしてうまく言ってるのかどうかわかりませんけど。ここでもやはりパッションの問題はあって、惰性で過ごしてしまいがちだ。今の自分の理解なら、どんな意義深いことも表面的には日常的なやり取りに過ぎないし、日常的なやり取りも捉えようでは意義深いことになりうる。vice versa。

斜め見してしまえば、ホントにただの理由付けで。くだらないものしか入ってない箱に仰々しい飾りつけをしているだけのようなもので。けど自分が考えることを選んでしまった以上、理由を求めようとする以上、こうしないと生きていけないんだろうな。箱の中身がくだらないかどうかは人それぞれの価値観。絶対のスタンダードなんてあったら逆に怖い。何も頼れない、何の指標もないけど、それが少なくとも自分が選択した道ならそれを前提として進んでいかないと。前か先か、せめて横には。いやこの際後ろでもいいからさ。変化さえあればきっと自分の立ち居地が確認できるから。


うーん、また実感が伴ってないことを書いてるような。まあいっか、これから常識(common senseって訳されると妙な感じです)が通用しない場面がいくつもある。そこで何を選び取るのか、それこそ自分の価値観で、自分の箱の中身を知って、変えていくことだから、ここに書いたようなことをしっかり意識しながら行動できたらいい。そうすれば、もう少し自分の言動に厚みが増すんじゃないかと思えるし、少しは自信も出る、のかも、ね。知識とか、そういうmaterial的な蓄積じゃなく、視点とか、価値観とか、そういうmentalな、いや違うなあ、非物質的なもの、それを得ることを自分は成長と位置づけているんだろう。つまりそれが欲しいんです。


つまり授業、じゃない気がするなあ。やっぱりあれですか、サークルやる?やろうかなぁ。連絡とろうかなぁ。


いや、どうしたっていつもと同じだわ。でも僕の価値観だと案外意義深いようにも思えてきた。(笑) 帰りたい、なんて口が裂けてもいうもんかっ。
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-11 22:35 | daily life
ニュースが枯渇しているので、ここに書くことで能動的に情報を頭に取り入れていきたいと思います。というか、興味があるだけです。(^^;


----------------


迎撃地点の探知防止 PAC3擬装作戦 首都圏の基地巡回 防衛省方針
4月8日8時0分配信 産経新聞


 防衛省は弾道ミサイルを迎撃するミサイル防衛(MD)システムの基幹をなす地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を航空自衛隊入間基地(埼玉県)に初配備したのを受け、定期的に、同基地から首都圏の他の配備予定基地や、東京・市ケ谷、練馬の両駐屯地などを巡回させるカムフラージュ作戦を展開する方針を固めた。訓練名目で頻繁に実戦並みの迎撃準備を行うことで、敵に動きを察知されにくくする。来年3月に首都圏防衛態勢が完全に整うまでの措置という。

 PAC3配備に伴い、防衛省が神経をとがらしているのは、システムを構成する発射機、レーダー装置、管制装置の着弾予想地点への移動だ。

 敵が、こうした日本側の部隊行動を察知すると迎撃ポイントの情報をつかみ、弾道ミサイルの標的を変えることも可能になる。

 衛星による探知を防ぐため、エンジンなどの熱が赤外線を発するのを防止する塗装が施されているものの、支援車両も含めて20~30両という車列の移動は隠しようがないからだ。

 特に、首都圏防衛態勢を形成する入間、茨城・霞ケ浦、千葉・習志野、神奈川・武山の4基地への配備が完了するのは来年3月末。それまでは弾道ミサイル発射の兆候が見えると、入間基地から迎撃ポイントまで移動しなくてはならない。このため、車列の移動をどう擬装するかが課題だった。

 そこで防衛省が考案したのが「巡回作戦」。訓練を名目にPAC3を配備予定基地と、東京23区をカバーするための拠点である市ケ谷、練馬などを常時移動するものだ。同時に、「一見するとPAC3との違いが分からない」(自衛隊幹部)とされる通常型のパトリオット部隊も頻繁に移動させ、敵の目を欺く作戦だ。

 また、敵国に弾道ミサイル発射の兆候が見えてから、初めてPAC3の移動が行われると、周辺住民はじめ国民が驚き、パニックが起きる可能性もある。巡回作戦には、平素からPAC3の移動を国民の目にふれさせることで、そうした事態を回避する狙いもある。

 弾道ミサイル迎撃では、通常、首相の承認(閣議決定)を経て防衛相が迎撃を命じる。ただ、これでは、「飛来の恐れ」の認定が難しいうえ、閣議決定時点で部隊行動が公になる。

 そこで、政府は3月23日、部隊指揮官の判断でも迎撃できる「緊急対処要領」を閣議決定。防衛省幹部は「実際の運用では緊急対処要領による迎撃が最も使いやすい」と、同要領による対処を基本にする考えを示している。その場合は、迎撃が行われれば、首相が国会に事後報告することになり、あらかじめ国民に対して情報を周知させるのは難しいのが実情だ。


-------------


産経新聞かよっ。なんて突っ込みはさておいて。やあ、なんだか右寄りで気持ち悪いですね。けど、こっちに来ると日本の政治、外交が気になってしまって。今まで危機感は抱いていたけど、日本についてあまり知らなくて、それがここに来て痛感されてしまって。どんな角度からでもいいから少しは情報を仕入れてアウトプットできるようにしないと。

いーんだ、右寄りかどうかも、ここで必要だからってのも関係ない。要するにPAC3に興味があるだけです(笑)

さて、本題ですが。分野だけじゃなく、内容自体もなんとも穏やかならぬことを言ってますね。首都圏防衛態勢?20~30両という車列?平素からPAC3の移動を国民の目にふれさせる?部隊指揮官の判断でも迎撃できる「緊急対処要領」?茨城・霞ケ浦??(^^;


現状の性能に関して言えば、実際にMD(ミサイル防衛)が機能するかは極めて怪しいようです。別のサイト曰く、2005年以降の実験は成功率が極めて低かったため、配備を再検討中であったとか。うちの先生も、あんなもん成功するはずがない、という視点で語っていたことがあります。北朝鮮のミサイルに対して有効か、なんて一時期騒がれていたように記憶してるけど、同上で難しいのかな。
将来的に性能がどの程度向上するのかを考えると、購入、実験、配備の防衛上のメリットはあるのかもしれないけど。

むしろ影響が大きいのは、実質的な国防能力の向上よりも、国民の意識変化といった精神的な面に対してなんだろう。記事でも一番驚いた部分は、「茨城・霞ケ浦」にも巡回させることで「平素からPAC3の移動を国民の目にふれさせる」というくだり。そりゃあ今の日本でこんなことすれば、映画ロケとしか思えないよ。それで終わればいいけど、実際に目にすることになれば、ものすっごい批判が出るのは明らかだよね?
こういう精神面での配慮をするってのが、国防省の見解なのか、それとも産経の勝手な考えなのかは知らないけど、もし政府がそういう方針なら、なんとも恐ろしい時代になったものだ。


いや、恐ろしい、っていうのは平和ボケした時代の考えなんだろう。防衛が必要になったとすれば、当然精神面での配慮も必要になる。
ただ防衛が必要かどうかは別問題で。ここが疑問視されている上にその実質的能力も怪しいから、精神面での問題がさらに大きくなってしまうんだろう。
必要性は…ちょっとわかんないな。米軍のトランスフォーメーションとか北朝鮮のミサイル開発とか殆ど知識がないし、何より軍事の基礎がわからない。
知識偏重?いやいや。さすがに未開拓の分野は意見を言いようがない。


今言えるとしたら、それこそ精神的な問題で。国防が必要だってことはわかるし、日本は絶対に軍事力を持つべきでは~なんていうつもりはないけど。でも単純に、日本はこれからも今までのように安全で、自身が他国と戦争するなんて選択肢にないような国であって欲しいと思うのです。戦争、と国防、が明確に区分できるなら説明して欲しいし、海外派遣に関しても、明確な区分は不可能だとは思うけど、そういうグレーゾーンはともかく確実に日本が活躍できるような分野で実績を残せればいい。そうすれば、グレーゾーンにばかり注目が行ったりとか、グレーゾーンに対して偏った見方がされることはなくなるんじゃないのかな。今は他国との関係、外交、なんかに対してあまりに関心が薄くて、右か左かの意見しか聞けないから、余計関心が薄れて避けようとしてしまうと思うんだ。



そうするとやっぱり…平和構築なり麻薬取引なり小型武器なり環境なり、今までそれなりにがんばろうとして失敗してる分野でよりがんばってもらうしかない、のか。経済面は絶対に抜けないし、それと同時に「外交の強化」という得点力強化並みに日本の至上命題になってる問題に対処するのが、やはり必要だと思うんだ。

こっちに来ると、日本は少なくともビジネス面でcredibilityを獲得してるんじゃないか、ないしはし得るんじゃないか、って思う。だって日本の常識が他国では誠実ってレベルだからね。
ビジネスだけじゃなく、中東とかでは日本に対して好意的って話もある。credibilityをもっと多様な分野に拡げていけたら、日本がもっと多面において独自のイニシアティブ発揮をしていけるんじゃないだろうか。それが国際社会への関心の高まりになって、もっと国防ってセンシティブな問題に対しても客観的な議論ができればいい。みんな右か左になってしまうのはいやだよ。フォークランド紛争のときにイギリス国民は戦争とその勝利に熱狂していたけど、ああいう極右的な、過激派宗教じみた社会は見たくない。





ああ、きもっ。だいぶ毛色の違うことを書いてしまった。こういうのが必要ですか。そうですか。もう少し考えを深めれば、少しはまともになることを信じよう。でもこういう単語書いたら変なトコに引っかかっちゃうのかなあ。
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-09 11:56 | daily life

だらだら

こっちに来て、面白い二人と友達になった。一人は19歳の少年、一人は18歳の少女。自分の目線からすると少年少女になってしまうのだが、二人ともしっかりしている。あれ、くわちゃんも19だっけ?
で、この二人何が面白いかというと、二人とも政治専攻なのだ。w
そして若者らしく、自由な発想力を持っている。つまり、知識にとらわれずに問題を自分で考える力。それはつまり、自分がこの三年間で失ったもの。

例えば宗教について、例えば東アジアの今後について、例えばイラク戦争について。彼らの意見は自由奔放で純粋だ。自分からすると、あまりに根拠がなく、偏っていて、論理的ではない。
けど、そういう考えが大事だってことに、ようやく独論をしていて気づいた。そして、自分がそれを長い間してこなかったこと、その力を殆ど失ってしまっていることも。
今まで自分は、知識偏重だったのだと思う。問題を理解する上でそれに関する知識を得ることに重点を置いてきた。勿論いーらでディスカッションもしてきたし、もぎで議論も重ねてきた。でも前者は考えてみればうまくいったためしがないし、後者も交渉などのテクニカルな部分ではそれなりにできても、問題の本質について理解して論点とすることはうまくできなかった。
そしてゼミ。他人の発表を、知識を持たずに聞いてコメントする機会。知識を除いて、論理力だけが問われる場。当然のことだったのだろうか、うまくいかなかった。
これらの根幹にある問題は、とりもなおさず考えることをしなかったからだと思えてならない。ここで言う考えることとは、問題意識を持って、それに対して応えようとする論理的なプロセスを辿ること。おそらく学術的活動ではその究極系が論文執筆であり、これもまた独論に惨敗した理由を十分に説明している。

ここで出会った二人の若者。自分に足りない、問題意識と考える意思を持っている彼らから、できるだけ多くを学び取りたい。そして願わくば、彼らが学術的活動としても日常の問題としても国際問題を考えていけるように、で可能な限り手伝ってやりたい。そう思うちゃんばら後の夜。三対一はきついぜ、子供たち。
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-08 22:46 | studying

ショック

最近、大きなミスを二つしました。
どちらも、相手の話の聞き逃し、に由来するものです。
どちらも、未だに「え、あなたそんなこと言ってないですよ」と思っています。
事実はともかく、行き違いで大きなミスをしました。それだけは確か。

違うのは、一つ目はもう取り返しがつかないけど、二つ目は、今判明したほうはこれからなんとかできるかもしれないということ。

不条理?理不尽?いや、そんなことを言っていても仕方がない。別のところで徹底的に取り返そうという気もないし、あまり得にもならない。
今はただ、これからは絶対に大事な話は聞き逃さないか証拠にあたるものを残しておく、今から挽回できることに全力を尽くす、ということだけ気を配ろう。

あーあ。デスノートは急激な展開だし。とりあえず宿題しよう。あと甘いものが食べたいよ。冷蔵庫…漁っていいかなあ。
[PR]
by fly-high0320 | 2007-04-04 21:40 | daily life